幸せな住まいを造るために。 優良工務店との出会いをサポート。

>

大手の強みと地元の強みを知る

大手工務店は最新技術・最新情報・安心感

大手工務店はまずなにより安心感がありますよね。
他にも強みとして、法律や制度などの情報にも強いのです。
専門家による研修や知識があり、最新情報も入りやすいです。
そして、新しい技術の開発や設備もあります。
プランやデザインも体系化されていますし、サポートも充実していますから、不満となる事は避けられるでしょう。
ただ、個性は出しにくいですから、他の家と似ているというのが嫌な人は向かないかもしれません。
大手は材料費を下げるために、同じ部材を多く仕入れて使うので、同じような設計になりがちです。
ですから、細かい要望の融通も聞きにくいかもしれません。
また、工事を行うのは下請けの工務店である場合が多く、技量に差があります。
宣伝費、研究費等もかかりますから、やはり地元に比べて価格が高くなる点も否めません。

地元に強い、近い。地元工務店

地元工務店の良い所は社長が近いです。
直接会って話せますから、社長の人柄もわかり、理念もわかりやすいです。
また、要望やこだわりも言ってみると、通る可能性はあります。
また、地元で長年続いている工務店であれば、地元での評判も良いと判断でき、誠実な仕事をしていると考えられます。
職人さんも、長い間同じ人を使っていて、担当者とも親密な仲を築いている事が多いです。
さらに地元で強いのであれば、その土地の気候風土を熟知した、材料選びや施工方法にも強いでしょう。
気候風土によって、壁のひび割れ、建具の収縮、構造材の劣化・腐敗などが起こりえますから、こういった面も理解して造ってくれる工務店が安心できますよね。
ただ、地元工務店はピンからキリまであり、大手と比べれば安心感が弱くなるのと、大手の営業さんより伝え方が長けていないという点はあります。



この記事をシェアする

TOPへ戻る