幸せな住まいを造るために。 優良工務店との出会いをサポート。

>

家づくりの良いパートナーと出会おう

見極めの目を持って来社する

優良工務店の見分け方はいくつかあります。
1.経営が安定しているか。
経営が安定していない所は、設備に投資ができません。
ですから、会社を訪問した時に、建物が綺麗か、パソコンは新しいか、を見てみるとわかります。
2.自社施工・自社設計であるか。
家づくりの責任能力が全て工務店にあるかがわかります。
工務店によっては、施工は下請け業者に丸投げする所もありますし、自社で施工ができないのであれば、トラブル対応やメンテナンスにも弱いでしょう。
3.聞き取り上手、説明上手か。
こちらの話を良く聞いてくれ、要望もうまく引き出してくれる聞き上手な社長さんかどうか。
そして、金額の説明がわかりやすいかどうか。
何の項目にいくらかかるのかを知っておかないと、過剰な利益を上乗せされている場合もあります。
4.常雇大工がいるか。
最後に、このポイントを見ましょう。
やはり常雇大工に任せた方が、安定の腕ですから安心です。

気になる会社を調べる

優良工務店かどうか、調べるという方法もあります。
1.会社の売り上げ調査
会社の売り上げは、各県庁に行って、建設業許可書類の決算書を閲覧させてもらっても知ることができます。
建設中に倒産してしまった、という事例もありますから、安定している所が安心です。
2.既に良い家を建てているか
既に家を建てた人が満足しているのなら、良い家を建てていると判断しやすいです。
また、構造見学ができるのであれば、ぜひ契約は行って見てからにし、構造、耐震などの気になる部分を質問しておきましょう。
もし、うまく答えられない担当者であれば心配アリです。
3.自社理念が確立している所
自社が特徴にしている理念が、一貫して施工されてきているかは大切です。
また、選ぶときも、理念が確立し、同じ業態の所と比較検討すると選びやすいです。

情報発信していない、紹介だけで仕事をとれている優良工務店もありますから、そんな所もチェックです。


この記事をシェアする

TOPへ戻る